梅花祭@北野天満宮

20130227-100143.jpg

先週末から旦那の両親が少し早い初節句のお祝いを兼ねて遊びに来てくれました。

うちでおじいちゃん、おばあちゃんからプレゼントしていただいたお雛さんと記念撮影して、翌日からは1泊2日の京都旅行に連れて行ってくれました。

毎回関西に来るたびに少しずつ四季巡りをされていて、今回の目的は梅。そしてお茶をされているお義母さんは舞妓さんの野点に行きたいってことで、北野天満宮の梅花祭が第一目的です。

と言うわけで、やって来ました北野天満宮。

私自身は、梅花祭が2回目。北野天満宮も4、5回は来てるかな。あまり京都に行かない割には来てるかも。でも、梅のいい時期に来たことがなく期待してたのですが、今年も梅はほとんど咲いてなくて咲きはじめ〜3分咲きってとこかな。

11時前に到着しましたが、その時点でまだ当日券は残ってました。ただ、並んでる最中に売り切れてたようなので、午後から行きたい人は事前に購入しておくほうがいいかも。

並ぶ列は2つ、椅子席と座敷があり、座敷の方が近くで舞妓さんを見られるとあって待ち時間が長いです。内側に座敷があり、それを取り囲むように椅子席が設けてあります。

表示されていた待ち時間は座席で90分。

待ち時間は長いように思いますが、何人かで来ていれば交代で前の方に行って写真を撮ったり、チケットとセットになってる宝物館へ行けば思ったほど長くは感じられません。私は偶然にも前の方に知り合いの外国人がいたのでその方達と話をしたり、ハナが着物を着ていてめずらしいのでいろんな方に声をかけていただいたりで退屈しませんでした。そもそも、子どもと一緒だと目が離せなないので退屈してる暇もないけど。

20130227-104539.jpg

順番が回ってきたらハナはお義父さんが見てくれることになってましたが、子ども連れでも大丈夫だったのでそのまま一緒に座らせてもらいました。終始拝服券とお菓子の箱で遊んでくれたので、暴れたり大声をあげるここともなくとってもいい子にしてくれてました。

一角にお茶釜があり、舞妓さんがお茶をたてています。釜の隣の方だけが目の前でたてたお茶をいただき、あとは奥でたてられたのを順番に舞妓さんと芸妓さんが運んで来てくれます。

20130227-100439.jpg

一回で30人強入るようで、完全入れ替え制というのかな、椅子席と座敷を交互に回してます。
今回も、前回も比較的最初の方でお茶をいただいたのでかなりまったりできたけど、最後の方だったら気持ち焦るかも。

お茶をいただいた後は、毎月25日に開催されてる天神さんと言われる市をブラブラ。
でも、長くなるので続きはまた後日。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク