水月公園の梅林

2週間ほど前に義両親と来た時はほとんど咲いていなかった水月公園の梅林。リベンジしてきました連日の梅見物

家を出て初めて生活したのがここ大阪府池田市。一人暮らしではなく高校時代の友人と2人で暮らしてました。そのマンションからわずか5分のところにあるのが水月公園なんですが、当時は家を出た開放感で遊ぶのに忙しく公園なんて全く興味がありませんでした。名前は聞いたことある程度で、どんな公園かを知ったのも実際に足を運んだのも、実は池田市を離れて10年以上経ってから。

水月公園は阪急池田駅と石橋駅の間にあります。私は石橋駅から歩きましたが徒歩15分ほど、池田駅からだともう少しかかる気がします。

国道176号側から公園に入ると正面にそびえる人口滝。その横にある階段をのぼると、真ん中に噴水がある大きな池があります。その池の向こう側にあるのが梅林です。

何度も、何ヶ所も梅林巡りをしているので、ずいぶん梅の種類を覚えてきましたが、ここで一際目立っていたのは、甲東梅林でも人気だった藤牡丹枝垂梅です。しかし、甲東梅林とは比にならないくらい大きい。ただ、全体像の美しさでは甲東梅林かな。いずれにせよ、優しいピンクに枝垂れた感じが華やかさを増す気がします。

まだ蕾ではありましたが、白い花が咲く枝垂緑萼[リョクガク]梅の立派な木もありました。萼が緑なので、花が緑っぽく見えるそうですが、これも見てみたいな〜。

ここでもケアハウスのスタッフらしい人に連れられて来ているお年寄りの方が多くみられましたが、甲東梅林と違って、観光客、とまでは行かないですが地元の方とはちょっと違う雰囲気の年配の団体、ご夫婦も多かったです。ハナが着物ってこともあり、地元の方に声をかけられて少しお話ししましたが、フリーペーパーなどに取り上げられるようになって、以前は地元の方ばかりだったのが、最近は関西内でのちょっと遠方からの梅見物人が増えたそうです。

そうそう、余談ですが一眼レフを持って出ると荷物が増えて重いので、コロコロを持って出かけますが、梅林内の砂利が結構大きくて移動が大変でした。乳幼児連れも何組かいましたが、ベビーカーでの移動も苦労されてましたよ。

甲東園梅林も通路が砂利だったけど、ここまで大変じゃなかったな〜。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク