卵一個で簡単プリンの作り方

ブログだけでなく、Facebookでも卵一個で簡単プリンを作ったと投稿していたんですが、ちょこちょこと作り方を聞かれたのでご紹介します。

超簡単手作りおやつにはまっています
これまではやねはやおき四回食に習って、子どもたちのおやつは補食ととらえ、おにぎりや魚肉ソーセージといった、どちらかというと食事の延長のものが...

材料はとってもシンプル!卵と牛乳と砂糖だけ。

市販のプリンを見てみると、たくさんの添加物がかいてありますよね。
これならとっても簡単なので、自分で作るほうが子どもにも安心して食べさせてあげられます。

材料

卵 1個
牛乳 200ml
砂糖 大さじ1~2(お好みで)

このレシピで2個分できます。

  1. 卵1個に牛乳と砂糖を加えて泡が立たないようによく混ぜます。
  2. 1を1~2回ざるなどで漉します。(私は少量なので味噌漉しを使っています)
  3. 2を器に流しいれる
  4. 鍋に1~2cmほどお水を入れ、布巾(キッチンペーパーでも可)を敷いて3を並べます。
  5. 沸騰するまで中火にかけて、沸騰後は弱火で5分。
  6. 火を消したら、そのまましばらく放置。
  7. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして召し上がれ!

卵1個で簡単プリン

使用するお鍋はルクルーゼやストウブのような保温性の高いお鍋を使ってください。
保温性の高いお鍋がなければ、鍋ごとバスタオルなんかでくるんでても大丈夫!

面倒でも、卵液を漉したほうが口当たり滑らかになります。
実際漉してみると、白身が思った以上にざるに引っかかてきます。

沸騰したまま火にかけっぱなしにしてしまうと、温度が上がりすぎてすが入ってしまうので注意。

もし、粗熱が取れたときにプリンが固まってなくても大丈夫!

お鍋の保温力が足りなかったか、水の量が少なくて早く温度が下がってしまった可能性があります。もう一度5~7の工程を繰り返してください。次は固まっていますよ。

プリンを作るときの牛乳ですが、私はいつも瓶入りの生活クラブのノンホモ牛乳を使っています。

牛乳成分を均質化してないので、自然と生クリームが分離してほどよい2層のプリンができるのです。牛乳でちょっとリッチなプリンになるのでお気に入り。

宅配が届いてしばらく置いておくとクリームが上に浮いてくるので、開封したらまずプリン用に200ml取り分けてから、他の用途に牛乳を使います。

ノンホモ牛乳が手に入らないなら、普通の牛乳を減らして生クリームを加えても同じようになりますよ。

もっとリッチで濃厚なプリンがお好きなら、全量生クリームで作るとOK!

書き出してみると、思ったよりも手順がありましたが、実際作ってみると本当に簡単です。

火にかけても、少量のお水が沸くまで、あとはタイマーで管理しちゃって、火を消したら放置でいつの間にか固まってくれてます。

ぜひ作ってみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク