和服のある暮らし~わが家で着付けの練習をしました

子どもができてから、特に息子を出産してからはなかなか和服を着る機会がありませんが、忘れてしまったわけではありません。

心の片隅には常に、着物を着たいと思っているし、もっと周りも和服が身近になるといいな~と思い続けています。

妊娠するまでは着物を身近に感じている友人がいませんでしたが、妊娠してからは自分が着られない分その思いがより強くなって持ち続けていたからでしょうか、出産してから子どもを通じて出会う人に和服に興味のある人がちょこちょこいたのです。

私自身はまだ普段着として着物を着ることはできずにいますが、同じような思いで他装の練習をしているお友だちMさんが、練習台を募集していたので、我が家に招いて彼女の他装の練習と、この時期重宝する親への子どもの浴衣の着せ方教室を開催しました。

まずは、夏休み中のお子さん二人を連れてきてくれたTさん。

買ったまま一度も袖を通してない浴衣をお持ちくださいました。

柄がもう若いよね。。。と気にされてましたが、とってもお似合いでしたよ。

下駄を持ってないから今まで着れないでいたんですって。

最近は下駄ではなく履きなれたサンダルで浴衣を着られてる方も多いですよね。細かいことを気にしてせっかくの浴衣を着ないのはもったいない!!

お母さんの次に、小学生のお子さんに着付け。

まずはお姉さんに。いろんな結び方を紹介するMさん。

兵児帯だとちょうちょ結びが多いですが、ちょっと変わった結び方をするとほかの子との差があってちょっと特別感を感じるよう!

お姉ちゃんの後には、お母さんが練習で妹ちゃんに着つけました。

浴衣を着た子ども三人、嫌がる風でもなくそのまま自然に遊び続けていました。

お母さんは自転車をこぐから、妹ちゃんは帰る前に暑いと脱いじゃいましたが、お姉ちゃんは自転車の後ろに乗るので、脱がないでそのまま帰っていきましたよ。

写真を取り忘れましたが、お昼から来られた方は、浴衣のままお子さんを幼稚園にお迎えに行かれ、せっかくだからとそのまま水族館にお出かけ!!

浴衣を着ても大人は暑いからとすぐに脱いじゃう方も多いので、そのままお出かけしてくれたのはとっても嬉しかったです。

来年、私も娘の卒園式、入学式を控えています。もちろん着物を着て出席しますよ!

ただ、あまりにもブランクがありすぎて、それまでに復習をしないと着崩れしないようきれいに着る自信がない。。。

そんなわけで、Mさんには今後もわが家を提供して和服を着る会を開催しようかな~ともくろんでいます。

涼しくなるまでにゆる~く練習を重ねて、着物にいい季節になったらみんなで着物でランチしたいな~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク