きなこだけじゃない!南目製粉のおいしいむぎ茶

美味しいむぎ茶飲んでますか?

山陰の出身者でナンメのきなこのCMを知らない人はいないと思います。
おいしいきなこはナンメ〜♪

きなこといえばナンメしか知らなかった私は、大学進学で地元を離れ、大阪でナンメのきなこを探すも見つからず、友だちに聞いて回り初めて山陰のローカル会社だと知りました。

今でもこのナンメのきなこは大好きで、帰省のたびに買って帰り、母が荷物を送ってくれるたびにリクエストする山陰ローカルフードの一つです。

そのナンメのきなこを作っているのが南目製粉なんですが、きなこや白玉粉は有名ですが、この会社が夏季限定で販売しているむぎ茶は、おそらくそんなに知られていない気がします。

私がこのむぎ茶を知ったのは、南目製粉の親戚にあたる高校時代の同級生に分けてもらってから。

一度飲んで以来すっかりファンになり、グルメな義実家にも持っていったら、義母もたいそう気に入り、毎年夏に2kgずつ消費しています。

お友だちが関西で手土産代わりに配ったら、毎年リクエストが来るほど人気というのも納得。

ネットショップでは300gのむぎ茶しか販売されていないのですが、お友だちに分けてもらっていたのが1kgパック。おそらく業務用なんでしょうね、問い合わせをしたところ本社でのみ購入できるということで、先日母に頼んで買ってきてもらいました。

8月4日の支出
8月4日(土)の支出 費目 商品名 金額 支払方法 保 ヘアカット 2,160 SonyBank...

ペットボトルや水出しできるパックむぎ茶が一般的になった今、粒タイプのむぎ茶を沸かして飲んでいる家庭は少ないと思います。でも、やっぱり粒から煮出したむぎ茶の味は格別です。

私が粒のむぎ茶にはまっていると知ったお友だちが、他の粒のむぎ茶を見つけてきてくれたりもしたんですが、南目製粉のむぎ茶はほかのむぎ茶よりも深煎りなのかとっても香ばしく、香りがいいのです。

お湯を沸かすと室温が上がるので、水出しできるむぎ茶もいいな~と思うこともありますが、やっぱりこの味を知ってしまうとほかのむぎ茶は飲めません。

ちなみに、このむぎ茶も水出しできるんですけど、煮出すよりも多くのむぎ茶を必要とするのと、一度沸かすほうが味もしっかり出ておいしいので、わが家では煮出した麦茶にこだわっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク