和を楽しむ夏休み 1~十二単編

今年の夏休みは青春18きっぷの遠出もなかったけど、娘に取って最高の夏休みになりました。
私の同僚が、娘ちゃん好きかもと、西宮で配布されてるチラシを持ってきてくれたので、持ち帰り娘に見せたら、もう目がキラキラ✨
もちろん、即申込み!!
全7回(6日間)で、毎回新たな学びがあり、息子が濃厚接触者で送り迎えができない間も、休むの嫌だから一人で電車に乗って行くと言い張り皆勤賞で最終回まで通いました。
毎回教室の初めに浴衣を着るので、すっかり一人で着れるようになりました。
写真は初めて一人で結んだ帯。
紋とご先祖様の回にはばぁばに家紋を聞いて、明智光秀と一緒と知りショックを受け、風呂敷の使い方を習い!あれこれ包みだす😅
百人一首の着物の回には、自分の百人一首の本を持っていって(知らなかった😲)みんなに紹介し、最終日先生にご挨拶したときに、「あのあと私も買ったんです〜」だって🤣
実はこの本を買ったときは、私が選び、娘が欲しがった本を却下したので、帰宅しても寝るまでずっと悪態ついてたのだけど、先生からいい本持ってきてくれたね〜と言ってもらえて、お母さんありがとうと言われました🤣
最終日は十二単鑑賞。
見せてもらうだけかと思ってたら着せてもらえたらしく大喜びでした。
初夏に斎宮に行ったとき、事前予約制だったからこ、高くてやめたんだったか、着たいのに着れなかった十二単だけに喜びもひとしお。
英語落語をしているので、着付けができるようになったらいいなー、着物での立ち振る舞いがきれいになったらいいなーと思って申し込んだけど、それ以上にたくさんのことを吸収し、心から楽しんでくれたので、私としても嬉しい。
それにしても、何がきっかけで、こんなに日本の文化に興味を持ったんでしょう。我が子ながら不思議です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク